« ビギナーズラック! | トップページ | しまった・・・ »

2006年9月29日 (金)

デッキ再考(その2:呉)

こんばんは、まちゃぴです。

今日は(珍しく)大戦しませんでした。
仕事が変わったばかりなので、いろいろ大変なんすよね。^^

 

なので、今回はバージョンアップを踏まえての“デッキ再考”第2回目、をお届けしたいと思います。

あれっ?
そういえば、第1回目って、いつ書いたっけ?

 

・・・・・・2週間も前の9月15日でした(^_^;

まぁ、他にネタが無いとき用のネタ、ということで、不定期にお届けします。

 

さて、今回ピックアップする勢力は、です。
ということで、早速レッツ呉ー!(さぶ・・・(-_-;

なお、あくまで自分好みに仕上げてますので、パクリ有り&こだわり有りのデッキになっているのは御愛嬌(^_^;

 

まず、大まかに次の3つのジャンルで考えてみたいと思います。

①大好きなSR呂蒙を軸にした麻痺矢呉単デッキ
②R甘寧を軸にした弓多めデッキ
③SR周ユを軸にしたデッキ

他にも、今メインで柵弓流星呉単デッキとか使ってますが、これについては、これまで書いた記事でいろいろ御紹介してますので、今回は割愛しますー。

 

①については、代表格とも言うべきデッキがありますよね。
そう、言わずと知れたアシミニデッキ(SR呂蒙、R孫堅、程普、SR呉夫人、虞翻)です!

戦い方としては、麻痺矢メインというよりも、どちらかというと賢母天啓の方がメインでしょうが、それでもデッキの完成度としては素晴らしいものがあります!!
計略の1つ1つが重めなので、使いどころが重要ですね。

これをそのまま使っても良いのですが、それでは芸がないので、自分なりにアレンジしてみた結果は・・・・・・これです(↓)

①麻痺矢蛮勇デッキ2040_v2_2 2027_v2 2014_v2 2002_v2_7 2009_v2

 

 

 
麻痺矢号令をメインに据えつつ、賢母蛮勇の選択肢もあります。
ダメ計相手には、賢母先がけか、蛮勇で先に撃破できれば・・・

朱桓の枠は単に選択肢として火計が欲しかったためですが、R孫権や程普、朱然でも面白いかな?
その場合、呉夫人を周姫にしても良さそうですね。

 

次に②ですが、最近、R甘寧の強さが目立ってますね。
バージョンUPで強化されましたし。

というわけで、考えたデッキがこちら(↓)

②遠双弓麻痺矢デッキ2003_v2_1 2034_v2_5 2015_v2 2030_v2_1 2002_v2_8 2021_v2_7

 

 

 

舞った後は、甘寧は基本的に自陣からの後方援護射撃に徹し、残りの部隊で攻め上がるデッキです。
ある程度攻城したら守り抜く感じですが、朱然をR孫権に代えれば、もっと攻撃的になりますね。

 

③については、SR周瑜を最近まるっきり見かけなくなりましたので、逆に使ってみようかなと。
SR周瑜は、大戦1時代に一度だけ使ったことがあったのですが、そのときは、全然使いこなせなくて断念しました。
でも、今ならもう少しマシな戦いができるんじゃないかと思いまして、再び手にしてみたわけです。

というわけで、デッキ案はこちら(↓)

③-1最後の天啓デッキ2012_v2 2023_v2 2036_v2 2016_v2 2009_v2_2

 

 

 

まあ、誰もが思いつきそうなデッキですね。(^_^;
賢母天啓も入れたのは、ちょっと欲張りすぎカナ~?
周瑜と朱治で士気を食うと、どう考えても賢母天啓に回す士気は無くなりそう・・・

なので、いっそ呉夫人→孫桓or韓当の方が良いかもしれないですね。
または、賢母天啓を軸にするなら、朱治→韓当とか。

 

あとは、こんなのも(↓)

③-2魏呉ケニア2012_v2_1 2026_v2 1011_v2_2

 

 

 

相手デッキが槍メインなら周喩、それ以外なら孫策の計略で場を制圧。
いざというときは関羽で対応、という感じですね。

ただ、序盤の伏兵踏みが若干厳しいのと、基本的に自爆計略メインなので、使いどころがシビア。
もう少し軽めの士気でかき回すなら、「SR孫策&SR関羽→SR馬超&SR趙雲」の蜀呉ケニアの方が良い気もしたり。

ちなみに、弓ケニア(SR周喩、SR太史慈、SR呂蒙)は最近サブICで使ってますよ~。
操作が忙しくないので、アイス食べながらでもプレイ可能ww
まぁ、そこまでしたことはありませんけどねwww

 

それではまた~(^o^)ノシ

|

« ビギナーズラック! | トップページ | しまった・・・ »

コメント

呉なら私の呂蒙をぜひ使ってやってくださいねw
あと、返事が遅れましたが、私が欲しい馬超は蜀なのですが、ホウトウだけで全然OKです。
ただでホウトウが貰えるだけでマジ嬉しいです!
明日か明後日にはプレ企画を送るので、その中に住所を入れておきますね。

投稿: キリン | 2006年9月29日 (金) 20時10分

-2魏呉ケニア使ったことありますよ。
正直メガシューユ砲(最期の業火)打つと相手の頭数へって鬼神が降臨してくれません。www
結果的にはメガシューユ砲と進撃で対処することに。

ただ・・・戦器を持ってる関羽と孫策の計略はまさに鬼でした。w

投稿: 順平侯 | 2006年9月30日 (土) 03時41分

②!②!大喬!大喬!ww
私は弓主体のデッキ使うのは苦手なのでこういうデッキでできるのはある意味羨ましい…
弓って移動速度遅い上に移動速度速い騎馬に耐性が無いから、引き際が難しいんです(´・ω・`)

一番強そうと思ったのは③かな?
強いて言えば藩ショウ+呉夫人→孫桓or呉国太+韓当の方が良い気もしますけど… 業火で殲滅→天啓で攻めor擁護者で守り の二択取れるのはかなり魅力w
まぁ弓主体のデッキは苦手だから使えないんですけどorz(二回目。

投稿: 菓子 | 2006年9月30日 (土) 11時12分

①と似たようなデッキをうちのホームの主が使ってます。
嵌ると強いのですが、常に綱渡りな戦い方を強いられます。

編成、SR呂蒙、R馬策、UC孫権、C呉景、Cグホン

弓のラインを徐々にあげて、たまらず帰城したところを兵法連環を使って強引に城だめを奪い、後はひたすらガン守り。そんな感じでしょうか。見てるイメージではそう見えるw

R馬策を周泰に替えると柵が増えて序盤の守りが楽になりますね。
逆に攻めきれなくなるという欠点が出ますが…。

投稿: 流鏑坂@特攻のカク | 2006年9月30日 (土) 13時47分

キリンさん>
SR呂蒙、大事に使わせていただきます!!
カードが届いたら、こちらもホウトウお送りしますね^^


順平侯さん>
そうなんですよね!
結局「鬼神降臨」は、周瑜や孫策で相手を倒し切れなかったとき用の保険でしか無い感じが。
でも、相手が6枚以上のデッキだったら、いきなり「鬼神降臨」でも良いですよね。
それにしても、早く関羽と孫策の戦器が欲しい・・・orz


菓子さん>
確かに、弓兵は攻め時&引き時の判断が、とても大事なんですよね。
「なるべく動かさない」ことと「早めに引く」ことというのは、相反することなので、一瞬の判断ミスが命取りに・・・。
弓主体デッキの運用は難しいですが、騎兵や槍兵主体のデッキよりも、全体の戦局を落ち着いて見ることができるので、個人的には好きです^^


特攻のカクさん>
そうです、いつも綱渡りなんですよwww
特に麻痺矢デッキは、士気の溜まり具合と攻め上がりがうまく噛み合わないと、一気につぶされる危険があるんですよねー。
ちなみに、大戦1の頃に使っていた魏呉麻痺矢(SR呂蒙、程普、孫静、楽進、蔡瑁、荀彧)デッキでは、兵法増援も結構使ってましたよ。
数少ない攻め上がり時に、少しでも攻城を奪っておくためには、低武力武将になるべく粘って欲しかったので。
今は外伝再建がある分、やっぱり兵法連環の一択ですねぇ。

投稿: まちゃぴ | 2006年10月 1日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151502/3354249

この記事へのトラックバック一覧です: デッキ再考(その2:呉):

« ビギナーズラック! | トップページ | しまった・・・ »