« 全国戦報告&来月の目標 | トップページ | 課題に取り組みました。 »

2006年11月30日 (木)

「みんデキ」第5弾!

こんばんは、まちゃぴです。

 

今日で11月も終わりですね。

今年も残りあと1ヶ月か・・・

なんか、月日が経つのが早いなぁ・・・(-o-)

 

ところで、「歳を取るほど1年が短く感じられる」って話を、よく聞きませんか?
これには、どうやら理由があるそうです。

それは、「自分の全人生に占める1年間の割合が、だんだん減ってくるから」という説。

例えば、1年という長さは、5歳の人にとっては人生の5分の1だけど、20歳の人にとっては人生の20分の1になりますよね。
一方、自分の「人生」の捉え方は一定なので、歳を取るごとに、徐々に1年間が短く感じられてくると。

本当かどうかはよくわかりませんが、何となく説得力がありませんか!?
この話を聞いたときは、「なるほど~」と妙に感心してしまいました。

 

さて、最近の大戦ネタですが、平日は全く行けてませんorz

一応、通勤カバンの中には、こっそりデッキを忍ばせてるのですがww

全然時間がないッス・・・。

 

というわけで、今回の記事のネタは、先週土曜日に実施した「みんデキ第5弾」のレポートで行ってみたいと思います!

 

それでは早速・・・・・・

今回お届けするデッキは、こちらっ!(↓)

 

シンえもんさんの「純正八卦デッキ」です!!(^o^)

 

【使用デッキ】3032_v2 3029_v2 0074_f 016_v2 3005_v2

 

 

 

えっ? どこが「純正」なのかって?

・・・・・・その件に関しましては、シンえもんさんに直接お聞き下さいww

あ、ちなみに戦器は、何故かLE諸葛亮のみ所持です(^_^;
以前、運良く「戦器争奪戦」でGETできたので。

 

【使用前のファースト・インプレッション】

シンえもんさんは関西在住のブロガーの方ですが、先日の全国大会決勝のときに、初めてお会いしました。
で、その後に蒲田でやったオフ会で、1度だけ店内していただいたんですよね~。

シンえもんさんのブログでこの八卦デッキが紹介されていて、実は前からすごく気になってました!
そんなとき、このブログのコメントで、シンえもんさんからあらためて献策を受けたので、「じゃあ使ってみよう!」ということにww

 

とにかく、排出停止カードであるUC陳到が、非常に良い味を出してます!
特に「復活持ち」というのが、よく攻めすぎて撤退しがちな自分にとっては、嬉しい限りですね^^

大戦2のカードを使うなら、同じ大車輪戦法のUC周倉を入れるのが一般的なんでしょうけど・・・・・・

ここはやっぱり、シンえもんさんのオリジナルデッキのままでチャレンジしてみましょう!!

 

計略の軸は、やっぱり士気9溜まってからの馬謖斬り→八卦2度掛けになるのでしょうかね?
その状態にうまくタイミングを合わせて攻め上がる形に持っていくのが難しそうですが・・・

中盤以降、馬謖斬って&八卦を撃ちまくって、常にプレッシャーをかけるようなパターンに持ち込めれば、強そう^^

あと、ダメ計と妨害計持ちがおらず、強化計略オンリーなので、その辺のデッキ相性がどうでるか、ですね。

 

さて、どうなることやら!?

 

【リプレイ】

◆1戦目:呂布ワラ(SR無双呂布、張梁、金環三結、C周倉、阿会喃、劉表)
オーソドックスな呂布ワラですね。呂布さえ押さえ込めれば・・・
序盤は、端攻めされるも、こちら伏兵2体いるので、低知力部隊を簡単に蹴散らす。

運良く呂布も迎撃と連突で落とせたので、そのまま攻め上がって八卦3体がけ!
ここでがっつりリードを奪う。

両軍仕切り直した後、中央でぶつかり合う展開に。
ただ、全軍で攻め上がってしまったため、天下無双を撃たれて全滅のピンチに・・・

陳到、馬謖、銀ぺーが簡単に落ち、相手呂布が瀕死の馬超に襲いかかってくる!
やばい!これを倒されたらカウンターで逆転落城されてしまう!

しかしここで、馬超に「八卦1人がけ」で速度を上げる、というアイデアがひらめく。
逃げるためだけに八卦使ったのは、初めてだ・・・・
が、これがうまくいき、全滅をまぬがれるどころか、相手のカウンターも馬超一人で蹴散らしてしまう。
八卦1人がけ、TUEE~!!

そんなこんなで判定勝ちしました。
まずは無難な滑り出し^^

 

◆2戦目:純正人馬(R董卓、華雄、馬騰、侯成、蔡邕)
この試合は、立ち回りがグダグダでした・・・。
そもそも八卦デッキで、人馬にどう対処すればいいのか、良くわかってなかったのが敗因ですね~。

序盤は伏兵と槍の牽制で何とか押し返すも、人馬を撃たれた後の対応がお粗末。
あとで考えると、「一騎当千→目覚め」のコンボか、せめて陳到の大車輪で城門を守るべきでしたね。

こちらの守りの足並みが揃わないところをがっつり攻められ、落城負け。

 

◆3戦目:魏呉悲哀(SR甄皇后、李通、張春華、程昱、韓当、呉景、潘璋、孫桓)
呉のコスト1武力3軍団が集結!
この試合は、馬謖による士気ブーストが光りましたね~。

序盤は相手引き気味だったので、とにかく伏兵解除を優先させて、攻め込む。
陳到、銀ぺー、馬謖で伏兵を踏むという、最高の展開。
馬謖の武力4弓も地味に効き、柵も破壊して一旦引く。

中盤、士気MAXの状態で相手が悲哀を舞ってきたので、こちらは「馬謖斬り→馬超&陳到に八卦2枚がけ→馬超&陳到&銀ぺーに八卦3枚がけ」のコンボを発動!
そして、甄皇后もろとも、ワラワラ軍団をそのまま圧殺!
そして落城勝ち!

まぁ士気的にも、舞った直後は雲散霧消や火計は撃てなかったはずなので、八卦2枚がけじゃなく、1枚がけでも十分押し込めたとは思いますが、何となくww

武力勝負なら、このデッキは簡単には負けないですね^^

 

◆4戦目:攻守自在(SR龐徳、R司馬懿、R張郃、楽進、程昱)
デッキ相性的には、こちら有利だと思ったのですが・・・

序盤はお互い伏兵捜しの牽制状態が続き、どちらも攻め切れないまま士気が溜まってくる。

ようやく伏兵がすべて解除されたところで、中央でのぶつかり合いになる。
こちら八卦3枚がけしようと思ったら、楽進と銀ぺーの一騎打ちが発生し、銀ぺーが落ちるorz

相手が攻守自在でパワーアップしてきたので、こちらも馬謖斬って、馬超&陳到に八卦2枚がけと、陳到の大車輪で対抗。
ただここは、もしかしたら馬超1枚がけの方が良かったのかもしれません。
チキンなので、張郃や程昱の槍が怖かったんですよね・・・

それでも徐々に相手を押し込み、こちら諸葛亮が撤退するも、陳到が城門&馬超マウントへ!
しかし、相手も司馬懿や楽進が城から出てきて、陳到に城内突撃してきそう・・・

ここは大車輪発動か!?
程昱は・・・・・・いない!チャンス!

 

つ「ポチッ」赤ボタン

 

「私には通じぬぞ」

 

唖然・・・・・・(; д)゜゜

 

画面上では程昱いなかったのに・・・(夕凪も見てたので間違いない)
まぁ、ラグで見えてなかったんでしょうね。

その後は、普通にカウンター食らって落城負けしました。

 

なんか、試合に負けたというよりも、SEGAの仕様に負けた気が。

まだ4試合しかしてないけど、ここで気分が萎えてしまったので、今回はこれで止めました・・・。

 

【戦跡】

○×○×
トータル:2勝2敗

 

【感想】

あとで書きますが、計略の選択肢がたくさんあって、思った以上に面白いデッキですね!

これまで馬謖なんて使ったことありませんでしたが、このデッキのおかげで、新境地を垣間見ることができた気がします!
コスト2の馬謖を斬るのは痛いですが、士気ブーストのおかげで相手の士気計算&プランを狂わせて、攻撃の先手を取りやすいですね。

ただ、如何せん、自分自身がこのデッキを使いこなせてない気が・・・orz
そもそも槍兵の運用や位置取りが、相変わらず下手くそだしなぁ・・・

あと、士気が豊富にあるからといって、単に計略を撃ちまくるだけではダメですね。
相手のデッキに合わせて、「どう攻めるか」という明確なビジョンをちゃんと持って戦いに臨まないと、せっかく馬謖を斬って得た士気をうまく活かせません。

 

使ってみてわかったのですが、とにかくこのデッキは、士気量を活かしたいろんなコンボが可能なんですよね~。

例えば、
○八卦1人掛け×2(武力+16)
○八卦2人掛け+3人掛け(武力+8&回復付き)
○馬超1人掛け→一騎当千(計略無効&速度2倍の武力23騎馬)
○馬超1人掛け→目覚め(武力16騎馬&武力11大車輪)
○馬超+陳到2人掛け→大車輪(計略無効の武力14大車輪)
○一騎当千→目覚め(武力15騎馬&武力10大車輪)

などなど・・・

どれもこれも、メチャクチャ強そうですよね!!(^o^)

 

今回の戦いに共通して言えることは、こういうコンボをどう使って攻めるのか、ということを、前もってきちんとイメージできてませんでした。

なので、計略を使う判断が遅れてしまい、効果的に攻めきれなかったり、守りきれなかったりということが結構あって・・・・・・。

その辺の戦略をしっかり組み立ててから試合に臨めば、実はかなり「イケる」デッキなんじゃないかと思います!!!

 

アレンジするなら、やっぱり「銀ぺー→夏侯月姫」かな?
ダメ計がいれば、攻撃&守備のバリエーションがさらに増えますし、いろんなデッキに対応できそうです。

総武力を底上げするなら、「陳到→UC周倉」でしょうが、自分には復活持ちの陳到がしっくりきました。

シンえもんさん的には、その辺はどうなんでしょうね?

 

とにかく、みなさんも、ぜひ一度使ってみて下さい!
特に、これまで馬謖を使ったことが無い人にオススメのデッキです^^

 

というわけで、「みんデキ第5弾」は、これにておしまい。
次回もお楽しみに!

 

それでは~(^o^)ノシ

|

« 全国戦報告&来月の目標 | トップページ | 課題に取り組みました。 »

コメント

なるほど・・・言われてみればそうですね!!w
歳はとればとるほど1年が早く感じるのにはそんな理由があったんですね!!
真実はどうあれかなり納得してしまいました^^

俺の考えでは、子供の時ほど知らない事や初めて見るものが沢山ありそれが歳をとるにつれてドンドンなくなっていくので、気持ちの充実感や刺激が少なくなり・・・それが1年を短く感じる原因だと思ってました^^;

恐らくそういう色々な事がそうさせているのでしょうね^^

投稿: かゆうま天国 | 2006年11月30日 (木) 18時37分

なんか最初にコメント書いたらかゆうま天国さんとまったく同じコメントになってたかもw

しかし1年間の割合説は説得力がありますね。
「確かにそうかも」って思わせる魔力がありますねw

おいら的にはかゆうまさんとほぼ同じだけど、一言で言うと感動ッスかね。感動して充実していれば1年は長い‥っていうか、小さい頃って、もうすぐ今年も終わりか~なんて1年を振り返ったことがないような‥
もしかして考えなきゃいけないことがたくさんあって、1年を振り返れば振り返るほど短く感じるのかな‥?

馬謖入りのデッキは難しいッスよね。最初にどんなコンボパターンがあって、どうすればどうなるのかしっかり考えることが馬謖を使いこなすポイントっすね。まちゃぴさんの記事を見てそう感じましたw

投稿: ちゃぶだい | 2006年12月 1日 (金) 00時59分

わー
使って下さって感激でございます♪

あー
違うんです
>士気9溜まってからの馬謖斬り→八卦2度掛け
では無くて
士気12溜めてからの八卦→馬謖斬り→八卦→目覚めとかの
実質士気15使うデッキなんですよ~
あれですね…
今更ですが
そのうちあのデッキの使い方とか記事にしますね

申し訳ない…

人馬は辛いです
勝てないこともないですが…

アレンジは好みで全然OKなんですけどね
確定は馬謖と諸葛亮なので
4.5の枠は自由にチョイスしていただければ…
でもいじるならぎんぺーか陳到ですね
ギンペーを月姫にするのも幅が増えていいですし
計略で趙累や龐統、戦闘要員に姜維や廖化など
自分に合っているのをするのがいいかと…
でも私の操作しているのを見ている人は皆
『ギンペーは外せないな』ってなっていますけどね(苦笑)

陳到の復活はだいぶいかしてるんですけどね
諸葛亮や馬超が撤退しないように
殿を務めるのが役目なんで(爆)
でも周倉にすると勇猛もありますし
周倉に一人がけしてもギンペーが回れるっていう利点があるので
まあ…好みですね
後は魏延って案もあるのですが
馬超と魏延が突撃しようにも
前線が武力3の槍二人になるのであんまりでしたね(苦笑)

やっぱりギンペーと陳到が自分的には一番ですね♪
陳到格好いいし♪

…長々と駄文失礼しました

投稿: シンえもん | 2006年12月 2日 (土) 00時10分

この前シンえもんさんたちと遊んでて、シンえもんさんのデッキ使ったのですが・・・普通に強ぇぇぇ(゜Д゜;)
まぁ大体コメントでシンえもんさんが先に書いてますねw
個人的にはこのデッキ、変えるカードがないと思ってます(笑)
どれもこれも重要なポジションを担っていて変えれない(^-^;)
陳到が変えれるかと思っていましたが、あの復活持ちは超重要だと改めて思いましたw
ぎんぺーは完全に超武力上昇の車輪要因ですね。
城門につっこむにはヤツがベストw
八卦はいろいろ使い道あるので強いですわ・・・。

投稿: ぴよっぷ~ | 2006年12月 3日 (日) 02時39分

かゆうまさん>
なるほど!かゆうまさんの説も一理ありますね~
特に社会人になると、「毎日が新鮮!」っていうことも少なくなりますし・・・
逆に、いろんなことにチャレンジすれば、毎日が充実して過ごせるのかも。
日常に流されず、自分を磨いていくことを心がけたいですね^^


ちゃぶだいさん>
感動・・・確かに、最近は感動する機会もそんなに無くなった気がw
小さい頃なんて、なーんも考えずに日々過ごしてましたけど、新しいことや驚きには常に囲まれていたような・・・
歳をとると、いろいろ先のことが見えるようになってくるし、考えなきゃいけないこと、やらなきゃいけないことが増えてくるので、時間が短く感じてくるのかもしれないですね。

馬謖の士気ブーストは、斬るタイミングとか難しいけど、面白かったですヨ!
ぜひ試してみてくださいね~^^


シンえもんさん>
あー
違いましたかww

確かに、相手の士気を超えてコンボを発動するところに、このデッキの真骨頂があるんでしょうね。

人馬は確かにキツかったですが、人馬号令を撃たれても車輪で耐えつつ、カウンターで攻めれば結構勝機はあるんじゃないかな、と感じました。

銀ペーは士気3なので、コンボに組み込みやすいのが魅力ですよね!
他のコスト1武将だと、やはり士気が大きめなので、八卦2度がけ直後には使えませんし。

とにかく、このデッキは、使ってみてとても面白かったです!
これからも、たまに使おうかな^^


ぴよさん>
うん、普通に強いですよね!
この記事に書いたような感じで、ちゃんとコンボを意識した立ち回りをすれば、かなり勝てるデッキなんじゃないかと思います!

陳到の復活は、僕にとっても重要でしたww
陳到を犠牲に何度馬超を救ったことか・・・

投稿: まちゃぴ | 2006年12月 3日 (日) 21時56分

ではそろそろ桃園をtうわ何をするやめ(ry
強制終了しました。ここを押しても続きは読めません。

投稿: キリン | 2006年12月 3日 (日) 23時40分

こ、これは・・・!
全国大会前日のオフ会で使うことになったデッキ・・・!
袁単と勝負することになりましたが・・・慣れないだけあって防御に失敗し騎馬一発分で負けた・・・(ノД`)
いやでも八卦3枚掛け→馬謖斬る→3人掛け→目覚めは強かった!!
栄光号令がなんだー!ってぐらいでした回復量やば・・・目覚めのおかげで騎馬に突撃させないしね!w
しかし使いこなすには時間かかりそうなデッキですね~。
それでは~

投稿: 灯乃元 | 2006年12月 4日 (月) 07時42分

キリンさん>
桃園・・・そろそろ発動しちゃおうかなww


灯乃元さん>
おっ!灯乃元さんも使ったことあるんですね!!^^
八卦2度がけが、あんなにヤバイものだとは知りませんでしたよw
さらに関銀屏まで回せるとなると・・・

まぁ、そういう展開に持っていくのが大変なんですけどね。
もうちょっと使ってみようと、ひそかに思ってます^^

投稿: まちゃぴ | 2006年12月 5日 (火) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151502/3766794

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんデキ」第5弾!:

« 全国戦報告&来月の目標 | トップページ | 課題に取り組みました。 »