« 今週のファミ通、見た? | トップページ | 大会に参加してみましたw »

2007年1月20日 (土)

「みんデキ」第6弾!

こんばんは。

 

今日からコスト9大会が始まってますが・・・・・・むしろ、ファミ通の新カード情報の方に、ワクワクのまちゃぴですww

 

計略やスペックだけ見ると、いろいろ気になるカードがチラホラと・・・・・・

そんな中、流星デッキを使ってる身とすれば、やはりSR大虎が一番気になりますね!!

コスト1の流星計略持ちは、正直「壊れカード」そのもの。
しかし、その一方で、タメ時間がなんと30c以上(!)。
いくら防御に優れた呉軍とはいえ、少なくとも相手の怒濤の攻めを2回は守り切らないといけません。
それに、相手にダメ計がいると、倒されて士気はトントンですからね~。

傾国の舞を守りきるのと似た感じもしますが、傾国はちょっと舞えれば城ダメを奪えるので、その点が大きく違いますね。

結局のところ、「0.5コスト分の利益+大きな城ダメ」と、「30c守りきらなければならないリスク」が、見合うものになっているかどうか、というところがポイントでしょうか。

こればっかりは、実際に使ってみないと、何とも言えませんね。

まぁ、ネタカードに近い方が、自分の感性/好みに合う、というのも否定できませんがww

 

 

さてさて、先週の土曜日は、3ヶ月半ぶりに、千葉県の蘇我に行ってきました!

アリオ蘇我というショッピングモールの近くに、「G-link蘇我」というカードゲーム専用ゲーセンができたので、ついでに(?)行ってみたのですが、これがメチャクチャ広くて、びっくりしました!(・o・)

 

大戦台は全部で12台もあるのですが、そのうち8台(連コ台)は、4台を背中合わせにくっつけた形になってます。
で、残りの4台(交代制)は、そこからおよそ10m離れたところに設置してあるんですw
その間には、看板(掲示板?)が1枚ポツーンと立ってるだけ。
ぽっかりと空いた空間が、十分すぎるというか、無駄に広いというか。
あと、8番台のプレイは、常にモニターで店内外で流されてますww
まさに、イベントや大会向けですね~。

駅からちょっと遠いのが難点なのと、Edyカード専用なので、持って無い人は購入しなければゲームできませんが、そのへんの不便ささえ我慢すれば、ちょっと大きめなオフ会でも十分楽しめそうな感じです!^^

あと、一応気をつけないといけないのは、窓が無いので、時間の感覚を失いそうなことかなww

 

 

さて、そんな話は置いといて、今回は、久しぶりに例の企画「みんデキ」を実行してきましたので、御報告したいと思います!!

前回やったのは・・・・・・11月末でしたね(^_^;
かなり間が空いてしまいました・・・。

 

約1ヶ月半ぶりの投稿なので、「『みんデキ』って何?」という方もいらっしゃると思います。

一応、僕(まちゃぴ)がこのブログで勝手に続けている企画なのですが、あらためて御紹介しておきたいと思います!^^

======================================================
<企画名>
「みんなのデッキ」(略して「みんデキ」ww)

<内容>
ブロガー仲間の皆さんのメインorサブデッキを実際に使ってみて、そのデッキの楽しさや苦しみを味わい、このブログで好き勝手な感想を紹介する。

<ルール>
①皆さんのブログで紹介されているデッキをこちらで勝手にセレクト。リクエストがあれば、それもOK。
②デッキコンセプトを崩さない範囲で、カードを変更してもよい。
③勝つ楽しさを見極めるため、少なくとも1回勝つまでは、やめない。
④サブIC(覇者)を使用。
======================================================

とまぁ、こんな感じの企画ですw

「皆さんのメインデッキを勝手に応援しちゃおう!」というのが一番の目的ww

これまで5回やってきましたので、今回は第6回目となりますね~。

 

それでは早速、行ってみましょ~!!

今回チャレンジしたデッキは、こちらです!!(↓)

 

 

ぴよっぷ~さんの「姫&ハヤテ」デッキです!!(^o^)

 

【使用デッキ】3031_v2 3010_v2 4001_v2 4010_v2 3037_v2_1

 

 

 

ちなみに、「姫」というのは蔡文姫のことで、「ハヤテ」というのは閻行のことです。

えっ?当然知ってるって??(・ω・)
失礼しました~m(_ _)m

でも、なぜそう呼ぶのかは・・・・・・実は僕も良く知らないんですww

ぴよさん、なぜでしたっけ???(^_^;

 

【使用前のファースト・インプレッション】

ぴよっぷ~さんは、関西在住のブロガーの方ですが、うちのブログにコメントをいただいたことをきっかけに、それ以来、交流を持たせてもらってます^^

何よりも、蔡文姫をこよなく愛されている方でして、メインデッキには必ず入れておられます!
あ、あと根っからの西武ファンでもありますねww

早速、お使いのメインデッキを眺めてみますと、号令系は無いので、騎兵2体の「武力&速度上昇」で相手を撃破していくのが、メイン計略になりそうですね。
あとは、バリエーション豊富な3種類の妨害計略を、相手のデッキや出方に応じて、使っていく感じでしょうか?

2勢力なので最大士気が9という制約がありますが、デッキに組み込まれた武将の計略士気が3~6までと、わりとコンパクト&バランスが良いのがgoodですね!
その辺の士気の配分も、しっかり考えて使っていく必要がありそうです。

ここで、正直に言いますと、僕がSR蔡文姫をデッキに入れるのは、実は群雄伝でイベントをクリアするために使って以来、2回目(^_^;
大戦1のときも、計略こそ違えど、結局1回も使ってないような・・・www

なので、望郷の歌でどれくらい城ゲージが減るのか、全くイメージが湧きません。
ですが、ここはぶっつけ本番でやってみましょう!!

それに、考えてみたら、姜維も閻行も、ほとんど使ったことがないな・・・orz
馬超と龐統は、大戦を始めた直後くらい(1年ちょっと前)に、馬鹿連環デッキで御世話になったので、多少は手になじんでますが、そこらへんの感覚を取り戻せるかどうか。

 

さてさて、どうなることやら!?

 

【リプレイ】

◆1戦目:呉涼防柵(SR呂姫、R王異、R貂蝉、張紘、呉国太、蔡邕、李儒)
全武将が○○さんがガチで使っててもおかしくなさそうな、柵7枚デッキですww
初っ端から、いきなり独創的なデッキが来ましたねぇ~、こりゃ。

肝心の地形は・・・・・・何とか平地をGET!(^o^)
これならまだ何とかなるかも!

相手は、柵を横一列にまんべんなく配置。
序盤は、定石通り、騎兵2体を先頭にひたすら柵壊しに専念。
牽制に来た呉国太は、姫の弓で撤退に追い込む。
あまり柵を防御されなかったのと、騎兵2体の連突などで、相手はほぼ壊滅状態に。
この時点で、柵をほとんど破壊し、一旦引く。

中盤こちら攻め上がると、相手は再建の法&毒を撃ってきましたが、こちらハヤテ&増援の法で戦線を維持しつつ、ガッツリ攻城を奪う。

終盤王異に舞われるも、十分なリードを奪っていたので、難なく判定勝ち!
そんなわけで、まずは順調な滑り出しとなりました~!^^

 

◆2戦目:5枚大徳(SR馬超、LE本宮劉備、魏延、UC姜維、関銀屏)
白銀対決キター!(^o^)
でも、相手のデッキで一番嫌なのは、銀ペーとのコンボを発動されることですね。

これは、こちらの序盤の立ち回りがまずく、迎撃をもらいすぎて、こちら壊滅状態にorz
相手馬超に龐統を踏ませるも、撤退させられないままに、こちらの城に張りつかれて6割くらい攻城を奪われる。
その後、頑張って攻め上がりますが、やはり槍3本相手に白銀やハヤテは使いづらく、攻めきれないうちに堅実に大徳で守られたりして、判定負け。

「槍兵を挑発→後ろから連突」というテクニックも頑張ってやってみたのですが、挑発の扱いに慣れてないせいか、あまりうまくいきませんでした・・・

 

◆3戦目:魏バラ(SR関羽、UC夏侯淵、荀攸、楽進、程昱)
このデッキは、相性的に悪くないかな?と思ったんですが・・・
相手が上手かったですね。

序盤は槍をフリフリしながら柵を壊しに行きますが、誤って姜維の無敵槍を消してしまい、その隙に完璧に連突されて、姜維蒸発orz
これでこちらの足並みが乱れ、さらに馬超で程イクを踏むという大失態。凹o

結局グダグダな立ち回りがそのまま続き、判定負け。

何で負けたのか、今一つ思い出せないなぁ・・・
(それが一番いけないんですけどねww)

 

◆4戦目:5枚屍(SR孫堅、R甘寧、黄蓋、孫桓、韓当)
わりと珍しい形の屍デッキですね。
呉軍にしては槍が3本もあるし、武力ごり押しで来られると、ちょっとキツイなぁ・・・

案の定、槍を相手にした立ち回りがまずく、姜維を乱戦させての壁突撃も不十分で、こちらジリ貧。
ハヤテを発動させるも、姜維が倒されたところで双弓麻痺矢を使われ、意味無し・・・。

こういう場合、壁役を馬超にして、姜維の槍撃と閻行の突撃をメインにしていった方がいいのかな?
姜維を生かすプレイングをしておかないと、双弓にも対応できないですからね。
うーむ、難しいのぉ。

とりあえず、終始そんな感じで、姜維を温存した立ち回りができず、判定負け。
撤退させすぎた・・・

 

(注:この辺から、徐々に試合内容の記憶が曖昧になりますww)

 

◆5戦目:賢母天啓(R孫堅、R甘寧、陸遜、韓当、呉夫人)
賢母天啓デッキと言えど、麻痺矢や炎もあり、立ち回りが難しそうです。

この試合も、やはり序盤の立ち回りがカギでしたね。
陸遜の槍を警戒して立ち回るあまり、いつの間にか姫が弓で落ちてるorz
ここは、序盤から挑発を使っていけば良かったのかもしれません。

ジリジリ押されて、引き気味になったところで天啓を撃たれる。
龐統が落ちていたので、白銀を発動して対抗するも、陸遜の槍にザックリ刺さって撤退・・・
無敵槍、消えてるように見えたんですが・・・

結局、そのまま落城コースでした。
むむむ~。(-ω-;)

  

◆6戦目:傾国(華雄、SR呂姫、SR貂蝉、韓当、李儒、呉国太)
地形は両端炎のマップ・・・
最悪だ・・・・・・

当然ながら、相手は炎の内側に柵を配置。
それでも、序盤は上手く立ち回ることができ、柵を2枚破壊&3割ほど攻城を奪うことに成功。

しかし、中盤で相手が舞い始めたときに、こちら潰しにかかるも、連環の法&悪鬼の暴剣でしのがれる。
端からハヤテを向かわせますが、柵に弾かれてゴチャゴチャしているうちに炎ダメージにより撤退・・・・・
舞を止める手段が望郷しか無くなりますが、計略範囲まであと少しというところで、姫も撤退・・・

結局、そのまま舞われ続け、落城こそしませんでしたが、判定負け。
ダメじゃ~(T△T)

 

◆7戦目:賢母天啓(R孫堅、R甘寧、R周瑜、潘璋、呉夫人)
また甘寧入り・・・

冷静に考えれば、挑発メインで戦うべきだったかもしれなかったですね。
でも、負け続けてきたせいで、そのへんの判断が、もうできなくなってましたww

とりあえず、試合内容は覚えてません!

負けっ!!

 

◆8戦目:5枚八卦(UC張飛、R黄忠、魏延、LE諸葛亮、夏侯月姫)
八卦かぁ・・・・・・
2枚掛け→車輪とかされると、ちょっと止める術が無いですね。

まぁ、そんな心配もむなしく、序盤であっさり馬超が諸葛亮を踏み、逃げるところを追撃されて落ちるorz
ここぞとばかりに、相手もそのまま攻めあがってくる!
こちらも槍撃で何とか諸葛亮を撤退させる&龐統を何とか黄忠に当てるが、こちらのダメージも大きく、閻行以外撤退・・・

夏侯月姫と魏延が城に張りついてきたので、ハヤテを発動して城内突撃しようとしたところ・・・・・・張飛に迎撃されて、一発撤退orz

いやぁ、この試合ばかりは、ちょっと納得いかなかったです。
張飛のポジションは、マップを見ても明らかに槍撃でも迎撃できない位置だったので、安心してハヤテを発動させたのに・・・・ラグっぽかったです(T_T)

もちろん、そのまま落城コースでした。
イイとこ無しだなぁ・・・orz

  

ここまで何とか頑張ってきましたが、さすがに連敗を繰り返して、心がすっかり折れてしまったので、ここで打ち止め・・・・・・。

 

【戦跡】

○×××××××
トータル:1勝7敗

 

【感想】

御覧のとおり、負けまくりんぐww

 

もうちょっと勝てる気もしてたんですが・・・ヘタレなプレイングでスミマセン。

最後の方は、ほとんど意地になってプレイしてましたが、やはり負けを重ねるだけでしたorz
冷静な頭でやらないと、ダメですね。

結局、勝てたのは最初の1回だけでした。がっくし。

 

まずは、反省のため、何がいけなかったのかを、とりあえず列挙してみましょうか・・・。

○姜維の位置取り
 →壁役にする場合としない場合をしっかり使い分ける必要があった。
○挑発の使いどころ&挑発後の立ち回り
 →常に後手に回った気が。相手を撤退に追い込むことを念頭に、早めに撃つべきだったか。
○槍撃の精度の低さ
 →これは、デフォルトですww
○閻行の扱いに慣れてない&刺さりすぎ
 →普通に神速っぽく使えばいいものを、武力上げるためにウロウロしたりするのが余計だった。
○白銀の使いどころ
 →甘寧がいるのに、撃ってもしょうがない。
○望郷を使おうとしない
 →城ダメを気にしすぎた。
○龐統が無駄死にしすぎ
 →端攻めさせすぎ。超絶号令対策として、引きこもっててもよかったかも。
○号令撃たれた後の対処のまずさ
 →龐統がいなくては・・・。

 

ふぅ・・・(-ω-)

 

これはもう、デッキ考察以前の問題ですね!!凹o

自分のヘタレさをあらためて思い知ったわけで、今回は非常に良い薬になりました。

これをバネに、ガンバリマス・・・

 

あと、実は今回初めて知ったのですが、移動速度がUPした状態で攻城しているとき、攻城ゲージを維持したまま移動しても、迎撃されてしまうんですね。
今の今まで、迎撃されないものだと思ってました(汗)。
そのせいで、2回くらい閻行が無駄死に・・・。

それから、戦術的なことを言えば、やはり望郷の歌の城ダメを嫌がりすぎたことが、大きな敗因だったかもしれません。
個人的にも、これまで西涼軍の武将をほとんど使ってこなかったこともあり、自城ダメ計略(暴虐とか悪鬼とか)にはすごく苦手意識があります。
リードを奪っている場面でも、「ここで望郷の歌を使ったら、城ゲージを逆転されるのでは?」という意識の方が先行してしまい、相手の兵力を削って戦場を制圧する、という考えを持つことができませんでした。

「城ゲージが削れたら、その分削り返すんだ!」という発想の転換が、自分には必要ですね。

 

まぁ、そんなわけで、負け犬がいろいろと「ごたく」を並べたわけですが・・・

 

結局のところ、自分に一番足りなかったものは、やはりこれだったと思います↓

 

 

「姫への愛」

 

 

いや、これは全然冗談で言ってるわけじゃなくて、マジで言ってるんですよ!!!

コスト1なら、より武力の高い武将が、数多くあります(趙累、凡将、銀ぺー、侯成、魏続・・・)。
計略重視でいくなら、代わりに夏侯月姫を入れたり、いっそ蜀単にしても良いでしょう。

それでも、このデッキで勝ち抜いていくためには・・・・・

「姫への限りない愛」が必要だと、強く感じました!

伏さんだって、愛するSR甘寧を使い続けているからこそ、「あの」デッキで覇王の一歩手前まで行ってるわけで。(失礼!)

 

これだけ負ければ、アレンジの意見を言う資格なんて無いに等しいですが、あえてデッキアレンジを考えてみますと、個人的には「龐統→夏侯月姫」もアリかな?
ダメ計があれば・・・・・・という場面もいくつかありましたので。
まぁ、その分伏兵が減るので、序盤がさらにきつくなりますけどね(^_^;

 

とりあえず、このまま引き下がるわけにはいかない!

ので、もう一度戦略を組み直して、槍兵スキルも磨いて、絶対リベンジしたいと思います!!(`・ω・´)

いつか・・・必ず・・・・・・

 

というわけで、「みんデキ第6弾」は、これにて終了です~。

今回はちょっとヘタレな内容で、「勝つ楽しみ」みたいなものをお届けすることができませんでした。
ゴメンナサイね(^_^;

 

次回に、乞う御期待!(また負けるのかな・・・ww)

 

 

それでは~(^o^)ノシ

 

P.S.
コスト9大会は、参加するかどうか未定です。
やるなら、再建の法を育てたいので、7枚柵弓流星デッキでいこうかなw
WアーチャーのR太史慈&ゴリ→SR太史慈&ガクカンも面白そうww

|

« 今週のファミ通、見た? | トップページ | 大会に参加してみましたw »

コメント

みんな望郷の威力を知らないから使わないんですよね~
と、同じSR蔡文姫同盟の順平侯です。w
望郷の威力は袁術の偽帝の勅命とほぼ同じスピードで減ります。
兵力MAXの低知力は6.5Cで撤退します。つまり2度掛けすればその半分ほぼ3Cで撤退します。
城ダメの方も効果時間が短いため思いのほか減りません。3体掛けで1割強ぐらいですかね。
と、長文になりそうなのでこれで。w

P.S.
R太史慈は大切なキーカードでつ。w

投稿: 順平侯 | 2007年1月20日 (土) 04時34分

Edy専用のゲーセンですかー。
自分ももってますよ。ポケモンの絵が描いてあるEdyが(死
ちょっと気になったんで学校帰りに寄ってみようかなー。とおもったら2000円もかかりましたorz
みんデキ企画おもしろいっすねー。自分も資産あればパク(ry
何か自分も個性的なデッキが作りたくなってきますねw

投稿: たぬき | 2007年1月20日 (土) 19時48分

追記です。

よく見てみたら調べてたのは曽我でホントは蘇我なんですねw実際は1000円もかかりませんでしたwサーセンw

投稿: たぬき | 2007年1月20日 (土) 19時50分

ばたばたしている合間に携帯で見てみたらみんデキに選ばれていてビックリ!
これはコメント入れねばとww
さて、解説しよう!(ぁ
まぁ「姫」はそのまま「蔡文姫」が省略されたからだとして・・・。
「ハヤテ」は、閻行の計略「蚩尤のごとく」が漫画「ハヤテのごとく!」に似ている!
しかも計略面も、実際の「疾風のごとく」という名前が出てくるシーンは、本人が加速していたりするので、「蚩尤のごとく」=神速でぴったり!
この計略は「疾風のごとく!」だよねwということで閻行=ハヤテとなりました(笑)
まぁもしよろしければ・・・「http://garnetpiyo.blog62.fc2.com/blog-entry-85.html#more」

というわけで、使っていただいてありがとうございます♪
なんかこのデッキ、扱うの難しいと言うか、明らかに弱点が多すぎるデッキだと自分でも思うので、苦労されたと思います(^-^;)
まぁ挑発でかき乱しつつ、壊れ計略の「疾風のごとく!」で対処、みたいな感じでしょうか。
ちなみに連環の計は、デッキに入っていたら勝率が1割ほど変わる気がしてなりません(笑)
連環の計で支えられてます、このデッキwww

月姫も選択肢でありですね~。
蔡文姫の計略は即効性はないですから、落雷が欲しくなる場面もあります('A`)
忠義もありかな~と思います。
2勢力で、計略的に士気が、無駄にならないし武力知力高いし・・・。

このデッキ、全員戦器が弱いという弱点もあったり・・・(^-^;)
R甘寧はもう気合いで挑発がベストだと思いますw
2方向に麻痺矢とか鬼です・・・。
望郷は・・・使ってみてわかるその威力ってのがありますねぇ。
確かに城ダメは怖いです。
だから最近使う頻度が落ちていたり・・・w
先にリードができたら、バンバン使ってもいいかと。
兵法相手が使用済みならなおさらありですよ♪
他には、姫しかいなくなった場合とか・・・。

次回があった場合、楽しみにしてますよぅ~(の∀`)
長文失礼しました~。
とりあえずハヤテは壊れだと覚えておいたら、それなりに楽しくなるかと・・・w
ぶっちゃけ、馬超が残るより、ハヤテが残った方がいい時も結構あります(笑)

投稿: ぴよっぷ~ | 2007年1月20日 (土) 23時17分

>順平侯さん
なるほど~。
3体で城ダメ1割で済むなら、十分取り返せますね!!
現行バージョンでの「暴虐」の城ダメの減りっぷりが念頭にあったので、どうしても使うのをためらってしまいました・・・orz
今度使ったときは、ためらわずに計略発動してみます!

コスト9大会は、結局Wアーチャーは使いませんでしたw
“開幕連環の法→乱れ撃ち”も強いかな~と思ったのですが、天衣無縫も、いざというとき頼りになりますもんね~


>たぬきさん
蘇我オフも楽しそうッスね^^
しばらくは、バージョンUPで激混みでしょうが・・・

僕は、デッキ構築力が無いので、皆さんのデッキを参考にさせてもらいながら、いろいろ自分なりにアレンジして使ってます。
そうやって試していく中で、自分の手になじむ&オリジナルのデッキが見つかったときは、やっぱり嬉しいですね^^
たぬきさんも、ぜひいろいろ試してみて下さい!


>ぴよさん
想いのこもったコメント、ありがとうございます!!
ハヤテの語源(?)は、そういうことだったんですね~
事前にちゃんと読めば良かったな(^_^;

相手のデッキに槍兵がいる場合が多いので、単に単体強化計略(白銀、ハヤテ)だけでは、やっぱり戦況を変えることは難しかったです。
なので、おっしゃるとおり、挑発とうまく連係して対応していく必要がありますよね~。

あと、連環の計は、よく見かける屍デッキや天啓デッキには、必要な計略ですよね!
自分の場合、龐統が肝心な場面で撤退していることが多かったので、その辺が反省点です・・・

ハヤテは、相手デッキにいると、とてもやっかいなのですが、自分ではまだ十分に使いこなせてない感じですね~。
いただいたアドバイスを踏まえて、もう一度頑張ってみます!!

投稿: まちゃぴ | 2007年1月22日 (月) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/151502/4937922

この記事へのトラックバック一覧です: 「みんデキ」第6弾!:

« 今週のファミ通、見た? | トップページ | 大会に参加してみましたw »